七夕集会
 7月6日に七夕集会がありました。久米川保育園では、毎年、一人ひとり、短冊に願いごとを書いて笹の葉に飾ります。クラスごとに色分けされた短冊を各ご家庭に配布して、お家で仕上げてきてもらっています。飾られた短冊は、とても楽しくて心温まる願いごとばかりです。イラストやカラフルなペンで表現したり、年長さんともなると、自分で覚えたばかりのひらがなで願いを込めて書いていました。実に個性豊かな短冊なのです。きっと“天の神様”も、みんなの願いごとを見て楽しんでいるのでしょうね。
 集会では、各クラス、代表のお友達の短冊が紹介されました。
 七夕集会のお楽しみとして、職員が"たなばたの由来”をパネルシアターで伝えてくれました。仲良しだった織姫と彦星が、なまけものとなったために、天の神様が、2人を天の川で隔ててしまうところでは、本当に、きらきらの布(天の川)が織姫と彦星を分けたので、会場は「シーン」と静まり返っていました。
 しかし、1年に一度、七夕の日に会えることが分かると会場のお友達は安心したようでした。みんなの願いごとも叶うといいですね。
七夕流し
 7月10日に七夕流しがありました。みんなの短冊を園庭に集め、天の神様に届くように煙に変えてお願いしました。「どうか願いを叶えてください」と、煙がちゃんと空に昇っていくように手を上に振り上げて、かわいらしいお友達の様子でした。