社会福祉法人 紫原福祉会
つくし保育園
服用依頼書・登園許可書について
 保育園では、薬の投与の間違いによる事故防止のため、原則として薬の投与は行わないこととします。
 多くの薬は、朝夕2回の投与でも対応できるとのことですので、病院で診察の際に申し出ていただき、自宅のみの投与(朝夕2回)で済むように、ご協力をお願い致します。

 やむを得ず保育園での投与が必要な場合、医師の許可した薬に限り、「服用依頼書」に
記入捺印の上、保育士に直接説明してお渡し下さい。
 なお、必ず1回分のみを分けてお渡し下さい。
服用依頼書 PDF
コチラ
 登園許可証が必要な病気 ☆ 登園できない期間

 インフルエンザ ☆ 熱が下がって2日間経過するまで
 水ぼうそう(水痘) ☆ 発疹がすべてかさぶたになるまで
 はしか(麻疹) ☆ 熱が下がって3日間経過するまで
 おたふくかぜ ☆ 耳の下の腫れが治るまで
 風疹 ☆ 発疹が消えるまで
 百日咳 ☆ 百日咳特有の咳が出なくなるまで
 溶連菌感染症 ☆ 熱が下がって3日間経過するまで
 咽頭結膜炎(プール熱・アデノウィルス) ☆ 症状が消えてから、2日間経過するまで
 結核 ☆ 医師が伝染の恐れはないと認めるまで

 集団生活で流行する可能性の高いものなので、他の子にうつさないためだけではなく、
わが子が他の病気を併発しないためにも、上記の期間はしっかり休みましょう。
 伝染性の病気にかかった場合には、完治後、医師により「登園許可書」に一筆記入してもらってから登園させて下さい。
登園許可書 PDF
コチラ
つくし保育園 新着情報
TOPへ