ようこそ 青松のもりへ
ビオトープ
すみれ広場
 「ビオ」は生物、「トープ」は場所という意味です。つまりビオトープとは、『生物生息空間』ということ。ビオトープには、山、海、草原など色々な種類があり、それぞれの環境に適した生き物が暮らしています。
乳児の園庭であるすみれ広場は、斜面上にあり自然に囲まれています。自然が多いため、様々な植物や生き物に触れることができると共に、四季折々の自然の変化を感じる事ができます。
ビートルハウス
水景
 ビートルハウスはすみれ広場のフェンス横にあります。木で作った枠の中に落ち葉や腐葉土を敷き詰め、カブトムシやクワガタが卵を産み、卵が孵化して幼虫、そして成虫へと成長できる環境を作っています。
 いわゆるカブトムシ、クワガタの住み家です☆

園舎とビオトープの間には、地下から引き上げた地下水が流れる水景があります。
地下水を滝から流すことで、常に動きのある水景になっています。
次へをクリックすると
「ビオトープ」
のページをご覧いただけます
ここをクリックすると
今月の青松のもり活動
がご覧頂けます
ここをクリックすると
子ども達のつぶやき
がご覧いただけます