夏まつり

みんなの気持ちが伝わったのか
くもっていた空に少しずつ、お日様がのぞいてきて「よかったね」と喜び合いながら、始まった夏祭り
ぞう組さんが作った おみこしは「列車で行きたい所みこし」です。毎日 楽しく作りました。
「ワッショイ ピッピ!」
きりん組さんが作った山車は”夏”をテーマにした山車で、海や花火、立体的なかき氷が 涼しさを感じさせられ 夏の雰囲気を味わうことができました。
ぞう組さんがおみこしをかつぎ、きりん組、うさぎ組、ひよこ組さんが山車を順番に引っ張ります。山車の上には、りす組さんや支援のお友達が乗って、みんなで「ワッショイ ピッピ!」と応援です。
お日様の暑さに負けない大きな声が園庭に響き渡り、子ども達の笑顔が沢山見られました。


”お店屋さんごっこ”
待ちに待った、お店屋さんが開店しました。
券を首に下げて、「何を買おうかな?」とワクワクしています。ヨーヨー、おもちゃ、かき氷、やきまんじゅう・・・

沢山買ってニコニコでした。



”ホールレストラン”

おみこしをかついで、買い物をしたら、お腹がすいちゃった。ホールに丸くなって座り、榛東北部保育園のホールレストランです。真ん中にはおみこしを置きました。

お祭りメニューの焼きそばやとうもろこしや塩キュウリを食べながら「みんなで食べるとおいしいね。」「夏祭り楽しかったね。」とおしゃべりをしながら、モリモリ食べました。笑顔いっぱいの夏祭りでした。