園の概要
教育方針・1日の流れ
年中行事
子育て支援事業
募集要項
情報公開
新着情報
トップページ


力いっぱいがんばる子
 本園では、それぞれの子どもの持つかけがえのない個性とその可能性を大切にし、広げ伸ばすために、教育目標を設定し実践しています。
 その子なりの「ちからいっぱいがんばるこ」の育成を掲げ、笑顔いっぱい 気づきいっぱい 思いやりいっぱい の子への成長を願いとします。

 陽のあたる広い園庭で、元気に遊ぶことが健康なからだづくりの基本です。
 運動器具を使って楽しく運動あそびをしたり、運動会、なわとび、マラソン大会
 など楽しく競うことで運動能力も向上します。
 また、自然とふれあい、楽しく遊ぶことも子どもをたくましく成長させます。
 健康は子どもの一生の基本です。

 幼児期の子どもの心の育み、基本が形成される最も大切な時期です。
 挨拶やみんなと友だちになることでコミュニケーションをとり、人を思いやる心を学んでいきます。
 自然を大切にしたり、小動物を可愛がることで、やさしい、あたたかい心を育てます。

 空を飛ぶ白い雲をみて、「追いかけてみよう」「怪獣みたいだな」など、スーパーマンや怪獣に見立てたり、自由に想像できる子どもらしい表れ、「どうして?」「なぜ?」「きれいだな!」など、素直で率直な子どもの感じ方、考え方を大事にしていきます。
 鼓笛隊演奏、歌やお遊戯やオペレッタ等のリズム表現遊び、砂場での泥んこ遊び、恵まれた自然、身近な素材で作る造形遊び、絵画活動等を通して表現する力を豊かにしていきます。