沿革

 創立者山田たねは、大正15年より昭和15年まで立川女子高等学校で教鞭を執るかたわら、幼児に対する保育と教育の必要性を感じ、昭和23年に東秋留保育園を設立した。
 以来、当地域唯一の幼児教育の場としてその役割を果たしてきたが、昭和41年秋多町からの要請により、東秋留保育園を町に移管した。
 しかしながら、地域の方々の強い要望を請けて、
環境に恵まれた法林寺境内に「ほうりんじ幼稚園」を
設立するにいたった。

昭和43年 4月13日 東京都知事より幼稚園の設置許可
昭和52年 8月 園舎改築
昭和56年 10月 園庭設備・サッカー場完成
昭和58年 4月 創立者山田たね理事長就任
昭和63年 1月 学校法人山田学園設立
平成 5年 3月 新園舎落成
平成10年 4月 預かり保育『虹組』開設
平成14年 9月 子育て支援事業『わくわく広場』開設
平成20年 8月 園庭芝生化