園のことさらに
その3
安心の工夫

(1)家庭連携ノート「菩提樹」
 毎月の最後に、担任より一人一人の園でのお子様の様子をノートを通じてご家庭にお伝えしています。ご家庭からも一ケ月ごとのお子様の成長をお知らせ頂いてより良い保育の参考にさせて頂いています。家庭と園とが連携を図ることこそが、子どもたちのよりよい成長に繋がる何より大切なことです。 photo

(2)大森みのり幼稚園新聞(ティータイムズ)の発行
 当園では、随時園での子どもたちの様子が保護者の方々に手にとってわかるように「ティータイムズ」という新聞を発行しています。行事の様子や日頃の子どもたちの写真、保護者の方の感想等記載し、子育ての歓びをご家族の皆様と共感して頂いています。
 もちろん担任から温かい手作りのクラス新聞(年4回)もあります。

(3)出来たてのパンも食べられます。
 当園は、原則として手作りのお弁当をお願いしていますが、パンをご希望の方は朝パン券で注文を出せるシステムになっています。メニューも豊富で、美味しい焼きたてのパンがパン屋さんから届けられます。

(4)預かり保育「サンサンルーム」について
 平成17年より、大森みのり幼稚園は預かり保育の実施ができる体制となりました。すでにお知らせしておりますが、これまで預かりの実施は、担任に負担がかかり本来の保育に支障をきたすという観点から、慎重に考慮いたしておりました。
 しかし、本来の保育の質はそのまま維持しながら預かり保育が実施できるための素晴らしいスタッフに出会える機会に恵まれ、実施する体制を整えました。サンサンルームという名称にぴったりの明るく、元気なスタッフは、幼稚園教諭の経験もあり、子育て中のお母さんでもあります。
 年間を通してご利用の際は、割引制度もありますので事前に詳しくお知りになりたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。また、より詳しい内容は、入園後に説明させて頂きます。
click

(5)緊急事態に備えて、AED小児用を設置しています。
 2007年6月、小児用のAED(自動体外式除細動器)を園舎通路に1ケ所設置致しました。これまでのAEDは小児用パットがありませんでしたが、新しく開発されました。操作方法も簡単になり、音声ガイダンスは、一般市民により分かり易い表現が使ってあります。操作ボタンが一つだけで、日本版救急蘇生ガイドラインに対応した一連の手順にそって迷わず確実な操作へと導いてくれ、救命処置ができるようになっています。
 当園では、これまでに人工呼吸した例は一例もありません。不測の事態の時、音声ガイドが、患者の状態を判断し、適切な処置を指示してくるこの機器は、教職員が冷静に対応できる環境を整えてくれることと思います。