学校法人ゆかり文化幼稚園 飾り  
おしらせ 特色 一日のながれ あゆみ 環境 よくあるご質問 保護者の声 文化教室 アクセス ご挨拶 ゆかり会 うさぎ
 
 
ゆかり文化幼稚園は、1947年4月に創立いたしました。第二次世界大戦の敗戦後の日本が立ち直るためにも、教育は国を支える重要な仕事でした。芸術に基づく幼児の教育の理想達成を目指して学校法人ゆかり文化幼稚園が設立された当初、本当に多くの方々、多くの芸術家、教育者、文化人の方々がご協力くださいました。

それは本園が新しい時代に豊かな人間性と能力を持った子ども達を育てる基礎づくりを目指した事への理解と期待の現れでもありました。60年の時が流れ、時代とともに文化や芸術の概念も大きく変化しましたが、

人間の歴史の中で芸術が果たしてきた役割の本質である精神の文化を支える働きは、21世紀を迎えた今日も変わることはありませんでした。幼児の教育と芸術の関わりということについては、芸術の中で育まれる人間の感性の成長と、人間の本来的な自由によって子どもが自らの力で豊かで幸福な人生に向かって生き抜いてゆく力を身につけることを、教育として援助する形で行うことが本園の理想です。

3年間の幼稚園での生活や行事の中で、次第に集団生活や社会性を身につけること、健全で強い身体の発育を促すことと共に、音楽、造形、身体表現、そしてそれらを総合した形の幼児のオペレッタなどを通じて子どもの発達段階に合った感性の育成を、カリキュラムの基礎に置いています。

科学技術の進歩に伴って教育がともすれば知識のための教育、記憶力やあらかじめ方向づけられた判断力のための教育に偏る傾向にある今日、何事につけ自分以外のだれかが決めた判断や決定に頼って、責任から逃れるために他人を当てにする気持ちを助長するのではなく、何よりもまず自分自身の発想力や感性が豊かでなければ人間は創造することも本当に幸福を感じることもできないということを思い返す必要があります。

また人間の生存にとって自然環境が問題になる今日、自分以外の人間の心を感じ取る感性がなければ「共に生きていく」ことはできません。そうしたことへの最初の能力である豊かな情操、感受性、想像力、理解力、判断力への基礎づくりは、幼児の時代にこそ「遊び」を通じて行われます。

大人に比べて本来優れた感性と生命力をもって生まれてくる子ども達にとって、その環境は幼稚園や学校といった教育の場のみならず、それぞれの家庭や居住する地域社会環境をも含んでいます。教育機関である幼稚園や学校は、同世代の仲間と一緒に生活し作業することを通じて子どもが成長していく集団生活の場所ですが、一人一人がそれぞれ違った個性を持った子どもの人格的な成長にとって、社会環境や家庭の人間関係も大きく影響します。

持って生まれた優れた感性や能力を失うことなく子ども達が成長するためにも、大人が子どもを見るまなざしが人間の未来を託す若い世代への愛情と期待を忘れたものにならないように、また、そのために大人として責任を果たしていく姿勢を忘れずに、私どもは常に真実の保育の理想達成を志し、確固とした信念と保育の研究に力を入れ、熱意と誠意、真・善・美の心を持って子ども本来の「ゆかり文化幼稚園」の伝統を守っていこうと考えています。

今後とも、多くのご協力とご信頼の支援をお寄せくださいますようお願いいたします。

学校法人ゆかり文化幼稚園園長 藤田厚生

△このページのトップへ
お問い合わせ ヘルプ サイトポリシー copyrighr (c) Yukari Bunka Kindergarden.