播磨中央こども園

教育・保育内容

いきいきと楽しく、園生活を送るためには、ルールを守ること、我慢することも大切だということを、毎日の生活やあそびの中で学べるようにしていきます。
美しいものに感動したり、なぜだろうと思う気持ちを大切に受け止め、感性豊かな子どもに育つようにしていきます。
何事にも意欲的に取り組む中で、困難なことにも立ち向かったり、乗り越えたりできる強さの基礎を育てていきます。

食事、排泄、衣服の着脱、片付け、身の回りを清潔にすることのほか、あいさつやマナーなどを身につけていきます。
様々な人や身近な自然とのかかわりを通して、相手の気持ちを思いやり、やさしい心を育みます。

四季折々の花に親しみ心豊かな感性を育みます。

歌や音楽に合わせて体を動かしリズム感や、しなやかな身体、豊かな表現力を養います。

発達に応じて、楽しみながら幼児期に必要な運動能力を育てます。

歌を歌ったり、身体を動かしたりしながら楽しんで英語に親しみます。外国人講師が指導します。

※利用者負担はありません。
※外部講師を招いて指導しています。

● 病後児保育  ● 一時預かり保育

給食・食育について

栄養士が、成長盛りの子どもたちに必要なカロリーを計算し、旬の食材を取り入れたバラエティーに富んだ献立をたて、調理します。
食物アレルギーのあるお子様には除去食、代替食を提供しています。
離乳食も成長に合わせ作っています。
月1回、おやつ作りや収穫した野菜や果物を使ってクッキング保育をします。
自分たちで作ることで、食への関心を持てるようにしています。
このページのトップへ