広渕保育所は、大正15年に曹洞宗広渕寺の住職で あった庄司仙嶺(初代所長)が、広渕沼干拓のために 入植農家の幼児の不慮の事故を憂慮して、農繁期の託 児所として開設しました。

  昭和5年に、「隣保館」を建設し常設託児所とした。 昭和23年の児童福祉法により、知事認可の広渕保育所となり、さらに、昭和44年に個人経営を廃止し、 財団法人としました。 平成24年3月30日に社会福祉法人ひろぶちとなりました。

  初代所長の建設目的は”御仏の慈悲”にすがって親 の手をかけてもらいえない労働者の子供を救いたいと いう信念から、朝6時から夜遅くまで保育し、衛生、 しつけ面などに細心の注意を払い、子供をリヤカーに のせ、朝夕の送迎をして、父母の代わりとなった。

  この精神を継承し、子どもたち一人ひとりの人格を、 その個性を少しでも伸ばしてあげたい、そして自分の 大切さを知ると同時に友達も大切にする思いやりのあ る人に育ってほしいと願いつつ日々の保育を行ってい ます。

  恵まれた環境のなか、今日も子どもたちは明るくの びのびと遊んでいます。この子どもたちの未来のため に、父母や地域の皆さんと手を取り合って歩みたいと 願っています。

●○広渕保育所にはアメリカ人形が現存しています○●
これは日米親善大使の証として、昭和2年に米軍より日本の子どもたちに贈られました。3月3日にはアメリカ人形をかこんでひなまつり会をします。

     
(C)広渕保育所