宗教法人妙覚寺 一之江保育園 宗教法人妙覚寺 一之江保育園

デイリープログラム

  1. 保育所保育指針によって、お子さんへの薬は、万全を期するため「与薬依頼書」に必要事項を記載していただき、薬に添付して担任に直接手渡していただきます。本来は保護者が登園して与えていただくのが原則ですが、緊急やむを得ない場合で保護者が登園できないときは、保護者と園側で話し合いの上、保護者に代わって与えます。
  2. 主治医の診察を受けるときには、お子さんが現在○○時から○○時まで保育園に在園していることと、保育園では原則として薬の使用が出来ないことをお伝えして下さい。
  3. 薬はお子さんを診察した医師が処方し調剤したもの、またはその医師の処方によって薬局で調剤したものに限ります。保護者の個人的な判断で持参した薬は、保育園では対応できません。
  4. 座薬の使用は行ないません。
  5. 「熱が出たら飲ませる」「咳が出たら…」というように症状を判断して与えなければならない場合は、保育園としてはその判断が出来ませんので、その都度保護者にご連絡することになりますので、ご承知下さい。
  6. 家庭から持参する薬について
    1. 医師が処方した薬には必ず医師からの「投薬依頼書(様式1-1)」と「与薬依頼書(様式1-2)」を添付して下さい。また、処方された薬の説明書も添付して下さい。
    2. 使用する薬は一回ずつに分けてご用意していただき、担任に直接手渡して下さい。(そら組の場合は、その日の担当保育士へお願いします)
    3. 薬の袋や容器には、お子さんの名前を記載して下さい。
    4. 与薬依頼書使用後は、園側で回収し保管しますので、必ず戻して下さい。
与薬依頼書・登園許可書ダウンロード

©宗教法人妙覚寺 一之江保育園
KIS