あなたは、当ホームページを訪れた人目のお客様です。

岩木山と岩木川の豊かな恵みを存分に受ける岩木町真土に、昭和31年、真土保育園運営委員会を設置主体として真土保育園を開園する。

しかし、町会の公民館を借用しての運営には、建物の老朽化などの問題もあり、昭和56年に閉園。このことを憂慮した初代理事長が、昭和57年社会福祉法人真会を設立し、法人立の真土保育園として生まれ変わる。

平成元年、入園児童の増加により乳児室を増築する。

平成11年、定員を35名から45名に増員する。

平成14年、岩木町より岳暘保育所・駒越保育所を委譲され、岳暘保育園・駒越保育園として運営することになる。

平成20年7月、真土保育園・駒越保育園を統合し、新たな真土保育園として新園舎での保育を開始する。

自然に親しみ、温かく家庭的な環境での保育をモットーに保育事業に邁進し、現在に至る。

◎子ども一人ひとりの心に寄り添う保育の実践を目指します

  個性や発達段階を考慮し、一人ひとりの声に耳を傾けます。限りない愛情を注ぐことで、子ども
  たちの情緒の安定を図り、社会でたくましく生きていける力を育みます。


◎健康で丈夫な身体づくりを目指します

  基本的生活習慣の定着を通して安定した生活リズムを確立し、「よく遊び、よく学び、よく食べ
  る」心身ともに健全な子どもの発達を支援します。


◎地域社会・保護者と連携し、信頼される保育園を目指します

  女性の社会進出や多様な働き方にも対応できるよう、物的・人的環境を整え、安心して預けて
  いただける保育園であり続けることを目指します。また、地域社会における子育て支援の拠点
  として、意見・相談・質問等にも誠実に対応してまいります。


○明るい子

  ●周囲の人々と積極的にかかわり、何事にも前向きに取り組める子ども
  ●自ら進んで挨拶ができ、自分の考えを自分の言葉で言える子ども


○素直な子

  ●友達の存在を大切に思い、お互いを認め合いながら成長できる子ども
  ●よく見て、よく聞いて、よく考える子ども


○元気な子

  ●思いっきり体を動かし、遊び(生活)を楽しめる子ども
  ●豊かな自然環境の中で活動し、季節や物事の変化を感じられる子ども


真土保育園・駒越保育園・岳暘保育園 共通の年間行事です。
4月 入園式 10月 秋の遠足
5月 こどもの日集会 11月 金婚式アトラクション
6月 保育参観 12月 クリスマスお遊戯会
7月 親子遠足
七夕集会
お泊り会
岩木夏祭り(ねぷた、よさこい)
1月 もちつき会
8月   2月 豆まき会
9月 運動会
祖父母参観デー
3月 ひなまつり
お別れ会
卒園式

※都合により、実施月が変更となる場合があります。