清水りんぽかんこども園・施設概要


許  可 昭和23年12月21日
定  員 80名(対象年齢:産休明けより就学前まで)
創  立 大正15年10月1日
故山田政吉が、社会事業のいったんとして市内港町に開設、終戦まで保育事業を主体とした隣保事業をおこなった。
移  転 昭和23年12月
戦災にあったため港町での保育が困難になり、厚生省の要請により現在地の松井町に移転する。昭和23年認可され、産後6週から就学前までの乳幼児保育をおこない現在に至る。
法人設立 平成9年 名誉理事庄司多満子が、社会福祉法人「隣保の会」を設立、新しい園舎に建て直しピンクの明るい建物とした。次郎長通り商店街、清水公民館に隣接し、たくさんの魚が泳ぐ川辺の静かな環境です。