賀川豊彦は1909年12月24日に当時の社会矛盾からくる
社会悪とたたかい、最微者(いと小さき者)に使えるために
事業をおこし、多くの賛同者にまもられ今日に至った。
そこで21世紀を生きる
私たちイエス団に連なる一同は、
イエス・キリストの贖罪愛に触れ、それを実践することを
終生貫き通した賀川豊彦の精神を 引き継ぐものである。

一、 私たちは、賀川豊彦が実践したsettler(地域に生きる人々と共に歩む者)の精神を引き継ぐ。 
一、 私たちは、自立と相互扶助を目指した開拓的・実験的事業の精神を引き継ぐ。 
一、 私たちは、地域を越え、国境を越えて共に生きる平和な世界の実現に努めた精神を引き継ぐ。 

  1. 聖書に学びイエスキリストに示された愛と人権・平和の生き方を求め、日常の保育にて実践することを使命とする

  2. 設立者賀川豊彦の働きを知り、セツルメントの精神・自立と相互扶助を目指した開拓的・実験的事業の精神・共に生きる平和の実現に努めた精神を継承する

  3. 地域に生きる人々と共に歩み、家庭との連携を良くし、子どもたちが安心して生活できる環境を作る

  1. キリスト教保育の方針

    ○与えられた命を賜物として受け止め、子どもたちの知性・感性を大切に育み、個性・主体性・社会性を備えた心も身体も健康な明るくたくましい子どもの育成に努める

    ○自分自身を大切にすると同時に、一人ひとりの違いを認め相手を思いやる心を育み、共に愛し合って生きる姿勢を身に付ける

  2. キリスト教保育の実践

    ○「キリスト教保育指針」を基に独自の保育計画を作成し、健康・交わり・探求・表現に於いて総合的にキリスト教保育を実践する

    ○子どもたちが生活と遊びそのものの中で神様の祝福に与っていることを経験し、神と隣人に感謝が出来るように保育を深める

    ○自然界とのつながりを大切にし、不思議さの発見を通して神様とのつながりを深めてゆく

  3. 職員の姿勢

    ○職員はキリスト教保育を実践する為、聖書に聴き礼拝を重んじる姿勢を持つ努力をする

    ○職員は保育士・栄養士・調理師・事務員等それぞれの専門性を発揮する為、常に自己研鑽に努める

  4. 地域や家庭との連帯

    ○地域資源との繋がりを深め、家庭との連帯に加えて家庭全体への支援を心がけ、地域と家庭から信頼される保育園を目指す

    ○変わり行く社会福祉制度の中にあっても 、制度の枠を超えて子どもたちに最善の利益が与えられるように諸機関との連帯を強化し健全な保育所運営を行う

神と人に愛される明るく元気な子ども

  • 仲間を大切にする子ども
    自分の思いを主張できると同時にひとりひとりの違いを認め相手を思いやることができる子ども
  • 心身ともに明るくたくましい子ども
  • 基本的生活習慣を身につけた子ども

  • 神様の恵みを受け、大人も子どもも心地よくやすらげるところ
  • 自然との触れ合いを大切にし思い切り遊べるところ
  • いろいろな人間関係の中で共に育ち合えるところ
  • 神様からいただいた生命を大切にし、いのちを輝かすところ

  • キリスト教精神で保育しています。
  • 薄着保育で子どもの健康づくりに積極的に取り組んでいます。



子どもを育てるということは、親や大人たちが、どのような人間に理想像を求めるかを問われることでもあります。天使保育センターでは、「神と人に愛される明るく元気な子」を目標に保育を行っています。
多くの方々のご支援により、開園以来86年を経ましたがますます地域の皆様に喜ばれる働きをしたいと願っております。保護者の皆様には、次の事項をご理解いただき、子どもたちのために協力をお願い致します。

 1.登園、降園時の注意について

(登降園時は手をきれいに洗い消毒しましょう) 

    1. 登園前に、必ず用便をすませる習慣をつけてください。
    2. 食事前、帰宅した時には手を洗い、うがいをするようにしてください。
    3. 送り迎えは、各ご家庭でお願い致します。(お迎えが変わる際には必ずご連絡ください)
    4. できるだけ歩いて通園させてください。
      歩けない子どもでも乗り物を使われる時は、乗り物を園内に置かないでください。

 2.保育時間について

    1. 保育時間は、午前8時から午後4時までです。(早出、居残り制度もあります)
    2. 9時までの登園をお願いします。(遅れる場合は連絡をください)

 3.持ち物について

    1. すべての持ち物に名前(ひらがなで)を書いてください。
      制服には、左の見返しのところに、はっきりと書いてください。
    2. タオルに、丈夫なヒモのつり手をつけてください。
    3. おもちゃ、お菓子、お金などは持たせないでください。

 4.服装について

    1. 登園時は、必ず制服を着用してください。ただし、0、1、2歳は自由です。
      登園すると上着を脱ぎ、ブルマーに着替えます。
    2. 健康のため、薄着にしてください。(肌着は年間を通じて半袖となっています)
    3. 通園用の靴は、ズックが適当です。

 5.家庭との連絡について

    1. 帰宅時は、必ずカバンを開け、保育通信、連絡文章、届け物の有無を確認してください。
    2. お知らせコーナー(各階のボード)を毎日みて連絡事項を確認してください。
    3. 急用、急病時の連絡のため、緊急時の連絡先を担任の先生に届けておいてください。

 6.臨時休園について

    • 午前7時までのニュース(NHK)で暴風警報が出た時のみ(台風であっても、なくても)休園とします。

 7.欠席について

    1. 欠席されるときは、9時までに連絡してください。
    2. 病気の時は、病名もお知らせください。
    3. 病気欠席の時、医師が登園してもいいというまで登園させないでください。
      伝染性の病気の際には登園許可書が必要となります。
    4. 薬について
      できるだけ家庭において投薬できるよう医師に相談してください。しかし、やむを得ない場合は1回分を小さな容器に入れて持参し、用法を必ず担任へ連絡してください。原則として投薬は食後のみとさせていただきます。連絡なき場合は投薬できません。(市販のものはご遠慮ください)
    5. 発熱について
      原則として保育中に37.5℃以上の発熱があった場合は保護者の方に連絡します。また、下痢がひどい場合、全身状態が悪い場合等は熱がなくても連絡させていただきます。なお、登園時37.5℃以上発熱している場合、子どもさんもしんどいと思いますので、登園はご遠慮ください。

 8.費用の納入について

    1. 保育料、運営補助費などは毎月5日までに、直接、事務室でご納入ください。
      納入書、領収書を紛失しないようにしてください。
    2. 欠席されていても、保育料は必要です。
    3. 3ヶ月以上、保育料を滞納されますと退園していただくこともあります。
    4. 教材として、絵本など各クラスで同じものを用います。クラスの担任の先生よりお買い求めください。

 9.その他

    1. 天使保育センターは、天使保育園(略称 本園)、天使ベビーセンター(略称 ベビー)、天使虹の園(略称 虹の園)の総称です。
    2. 安全保育を心掛けていますが、万一事故が起きた時は事故処理要綱によって処理させていただきます。
    3. 職員に対する個人的な贈り物は、絶対にしないでください。
    4. お誕生日会は、毎月一回いたします。
    5. 進級児の子どもさんは、進級式の翌日から普通保育をいたします。
      居残り、給食も開始いたします。居残りご希望の方は、各クラスの
      先生にご相談ください。
      新入児の子どもさんは、入園式の翌日から保育いたしますが、新しい環境に慣れるまで時間短縮などの慣らし保育をしていきます。ひとり一人慣れ具合が異なりますので、詳細は担任までお問い合わせ
      ください。
    6. 保育園見学は随時受け付けしております。
    7. 連絡先
      本園・ベビー:大阪市此花区春日出中1−15−13
             TEL:6461−3713
      虹の園   :大阪市此花区春日出北1−18−13
             TEL:6463−9784
      社会福祉法人イエス団
            天使保育センター  山口 房江




Kids Information Service

ご注意

当ホームページは、Internet Explorer5.0以降のブラウザでご覧になられることを推奨いたします。
推奨のブラウザ以外でご覧になられた場合には画面表示等が正しく表示されない場合がございます。
また、800×600の解像度が最適しています。
このサイトをご覧になるにはFlashPlayer5が必要です。