あんずこども園

保育・教育ねっこ

保育理念

豊かな人間性と生きる力を育てる

保育の特色

あんずこども園では、育みたい5つの柱として、5つの保育目標を設定しています。なぜなら、これらが子どもたちの心情・意欲・態度を育むものであると考えているからです。そのためにも、保育者との基本的信頼感のもと、子どもたちが興味や関心をもてるよう、子どもたちの人間関係を育んでいけるよう、環境構成を大切にしています。それらが、子どもたちの生きる力につながるからです。またそれらが、子どもたちの学びの意欲へとつながり、小学校以降の学びの土台になると考えているからです。

保育活動

感性を育てる
本物の楽器にふれています。
地域によりそい地域を育てる
畑を「あんずファーム」として開放し、地域の方とやさいを育てています。
共動のよろこび
鼓笛等を通して友だちと一緒にとりくんでいます。
 

給食・食育

年齢・月齢に応じた完全給食・離乳食・午後のおやつの提供を行っています。
アレルギー食と離乳食は、各個人に合わせて対応しております。
地産地消をめざし、野菜・肉・魚など、地元の商店からの食材を多く使用しています。
自園の農園で園児がそれぞれの学年で季節の野菜を育てて食育活動に利用しています。
だしは、こんぶ・かつお・いりこでとっています。
献立は「旬」「野菜」を取り入れ、また、月に2回、お楽しみ献立とお誕生日会の日に子どもたちのワクワクする献立の提供を行っています。
  • photo
  • photo
このページのトップへ