創設者・増山林(前理事長)が、当時、第二次ベビーブームと女性の社会進出を背景に、地域に保育所が欲しいとの近隣の方々の強い要望もあり、地域福祉への熱い想いでたちあげた社会福祉法人です。
 昭和46年2月に法人として認可を受け、昭和46年4月「川島保育園」を開園(当時60名定員)。次々に園舎を増築し定員を増やし、それでも入園希望者が増え続け、昭和53年4月「川島第二保育園」を開園しました。そして「川島第二保育園」は平成27年4月、「幼保連携型認定こども園 川島こども園」に移行。2つの園で力を合わせ、地域の子育て家庭を支えてまいります。
 また、平成9年には、高齢化社会に備え、軽費老人ホーム「サンライフ川島」を開設。今後も、地域福祉の質の向上に貢献してまいります。


昭和46年2月22日 「川島福祉会」設立認可
昭和46年4月  1日 「川島保育園」開園
昭和53年4月  1日 「川島第二保育園」開園
平成  9年7月  1日 「ケアハウス・サンライフ川島」開設
平成13年9月  1日 「川島保育園」老巧改築 新園舎完成
平成19年6月  1日 「川島第二保育園」老巧改築 新園舎完成
平成27年4月  1日 「川島第二保育園」は、「幼保連携型認定こども園 川島こども園」に移行
平成13年に完成した「川島保育園」の園舎。
木をふんだんに使用した優しくぬくもりのある建物には、子どもたちの笑顔が絶えません。
平成27年4月、子育て家庭を支える新しい施設としてスタートした、「幼保連携型認定こども園 川島こども園」。