おしらせ


5月になりました。
高い山の残雪や山々の新緑がまぶしい季節になりました。
近くの弁天浜では薫風に
数十匹のこいのぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。

過ごしやすい季節の中、園では毎日戸外に出て
春の自然に十分ふれる生活を送っています。

年度がスタートして約1か月。子どもたちは
少しずつ園の生活リズムをつかみ、
少しずつ新しい先生、新しいともだちに慣れながら、
いっしょに楽しく過ごしています。

今月は、おしゃかさまの誕生を祝う
「花まつり」を行います。
コロナ下のため、今年も子どもと職員のみで行いますが、
3歳以上児の縮小版「花まつりパレード」は公開しますので、
よろしければ、足をお運びください。

この花まつりは「真宗保育」を実践する本園が、
保育の根幹となる大事な行事だと考えています。

おしゃかさまの誕生をとおして
自分の誕生、他のいのちの誕生に込められた
深い願いに思いを馳せ、子ども達や職員と
いっしょに考えたり感じたりしながら
過ごせればなと思います。

ロシアのウクライナ侵攻が
長期化しそうだとの報道がなされています。
一刻も早い戦争の終結を願うばかりです。


今月も笑顔で前向きに保育してまいります。


【5月の保育テーマ】

いのちの誕生を喜び合おう

【5月の保育目標】

・花まつりを通じておしゃかさまを知り、いのちの誕生を喜ぶ

・春の自然の中で、小さな生き物や植物のいのちの不思議さにであう

・好きな遊びを見つけ、十分に楽しむ

花まつりご案内
新型コロナウイルス対応
5月 園だより
5月 給食だより
事業報告
事業計画
園の自己評価