教育方針

本園では『人間形成の基礎は、幼児期に多くの友達と交わり多くの遊びや直接体験を通して培われる』との考えに立ち、子ども達自身で遊びや活動を見つけ出せるような環境構成に配慮しています。多くの友達と関わることにより思いやりの心を育て、手作りの創作活動により創造する楽しさや最後まで頑張りぬく心を養っていきたい。一人ひとりの成長を保護者と一緒に考えていく温かな雰囲気を持つ園でもあります。

心身ともに健康で、情操豊かな子ども。 感動する心、思いやりの心を持つ子ども。 基本的な生活習慣を身につけ、約束を守り、友だちと仲良く元気に遊べる子ども。 創造する楽しさを理解し、最後までやり遂げる気力を持つ子ども。

各年児の年間目標

本園の教育方針および望ましい子ども像を達成するために、各年児の発達段階をふまえて、次のように目標を定めています。

(年少) 幼稚園での生活に慣れる。 友達のいる喜びを知り、集団の一人としての自覚を持つ。
(年中) 自分で考え、表現できるようになる。 友達との関わりの中で、主体性、協調性を育てる。
(年長) 自主的、自発的な活動の中で個人と集団の質を高める。 集団生活を通して、社会性・科学性・創造性を育てる。

園の特長 絵本教育、手作り創作活動、規律ある園生活、課外活動

リンクのご案内 Kids Information service