児童福祉法の理念を大事にして、お父さんお母さんと一緒に子育てをしていきます 

自分の事を楽しんで自分でできる子ども
「ぼくはしたい」「私もやってみたい」という気持ちを育てます。

友達と協力して、生活していける子ども
ひととのつながりは、まわりにいる大人、すぐ側の友だちとの出会いからはじまります。
その出会いを広げ「友達と一緒っていいね」「いっしょにやれたね」と言う共感する心を育てます。

美しい物に出会い感動でき、表現できる子ども
ほんの小さな季節の変化や身のまわりで起きる事に目を向け「何だろう」「どうして」
「きれいだね」 と感じることのできる心を育てます。

命を大切にできる子ども
友だちの痛みを考えることができる心を育てます。



0歳児保育
4ヶ月より保育しています。冷凍母乳をしています。
一人ひとりの成長の様子に合わせ細やかな配慮をして生活しています。
アレルギー除去食も行っています。
延長保育
 夕方6時から7時の延長保育を行っています。
障害児保育
 専門機関に相談しながら、子どもさんにとって、又その子どもさんのクラスにとって一番良い生活が送れるように努力しています。
保育相談
 電話による相談(朝10時〜夕方4時)を受け付けています。尚、担当者がいない場合は後日連絡をします。
地域向け活動
 地域向けのお便りを発行します。
ふれあい動物園・焼芋会・かぜっこまつり等の行事に地域の皆様の参加を呼びかけます。
赤ちゃんの会や出張保育などのあそびの会を開催しています。
講演会を開き地域の皆様と一緒に子育てについて勉強します。
園庭開放をしています。


向陽台保育園の保育
【安心できる居場所】
保育園は子どもたちにとって第2のお家です。
安心して甘えられる大人がいて、安全な環境がある、そして何よりも一緒に泣いたり笑ったり出来る兄弟のような仲間がいるところです。
【こころとからだを育む】
子どもたちは、遊びの中で手指や身体の機能をしなやかに発達させていきます。
さらに仲間とのあそびは、工夫する力、想像力、社会性などのさまざまな力を育てるでしょう。子どもたちが遊びたくなるような環境を用意していきます。
【豊かな体験】
園外散歩を通し、自然の中でたっぷり身体を動かし、見たり、聞いたり、触ったり全身を使ってさまざまなものを感じ取っていきます。
また、読み聞かせ、描画、音楽なども子どもたちの感性を育てる大切な活動と捉え、楽しみながら行っています。
【自立に向かって】
小さければ小さいなりの自己主張が認められ、自分で考え、判断し、行動する。
失敗もくり返しながら、身の回りのことが自分ででき、仲間と力を合わせることが喜びとなるよう、成長していく姿を見守っていきます。

向陽台保育園は、子ども達、お母さんお父さん達、そして保護者、職員がお互いに育ちあう場所でありたいと思っています。




トップページへ 主な年間行事と園の一日 最新情報 緊急災害情報

KISのホームページへ