子どもたちの姿と様子

子どもたちの姿と様子(0~5歳児)

0歳児「たまご組」

人を信頼する力を育てる大切な時期。
寝る・食べるなどの生理的欲求を満たし、気持ちに寄り添い一人ひとりの発達に合わせて丁寧に関わっていきます。

1歳児「ひよこ組」

なんでも自分でやりたがる時期。
大人の真似をしたりお友だちに関心が出てくる中で言葉も増えてきます。
この時期にしっかりと「手をかけて」おくことが自立につながります。トイレトレーニングも個人にあわせて進めていきます。

2歳児「りす組」

「イヤ!!!!」「自分で!!」自己主張が出てくる時期。
この子どもの思いを受け止め、丁寧なかかわりやたくさんの実体験を経験する環境が大切!!

3歳児「ぱんだ組」

自分で考え自分で決め、やってみようとする時期。
友達との関わりの中で、決まりの大切さに気付き、自分の気持ちをコントロールするようになります。 生活習慣が身に付き、生活体験が広がります。

4歳児「ぞう組」

周りの環境と関わり自分の遊びを思い切り楽しむ時期。
「できた!!」という達成感と集団での遊びを通して社会性を身につけます。

5歳児「きりん組」

仲間との関わりがより一層充実していく中で、一人ひとりが自信をもち、お互いが一つの目的に向かって活動する喜びを感じたり、刺激し合い育ちあう時期です。
また小学校教育に無理なく順応できるようにカリキュラムを組んで教育・保育を行っていきます。

子どもたちの姿と様子(0~6歳児)

0歳児「たまご組」

人を信頼する力を育てる大切な時期。
寝る・食べるなどの生理的欲求を満たし、気持ちに寄り添い一人ひとりの発達に合わせて丁寧に関わっていきます。

1歳児「ひよこ組」

なんでも自分でやりたがる時期。
大人の真似をしたりお友だちに関心が出てくる中で言葉も増えてきます。
この時期にしっかりと「手をかけて」おくことが自立につながります。トイレトレーニングも個人にあわせて進めていきます。

2歳児「りす組」

「イヤ!!!!」「自分で!!」自己主張が出てくる時期。
この子どもの思いを受け止め、丁寧なかかわりやたくさんの実体験を経験する環境が大切!!

3歳児「ぱんだ組」

自分で考え自分で決めやってみようとする時期。
友達との関わりの中で、決まりの大切さに気付き、自分の気持ちをコントロールするようになります。 生活習慣が身に付き、生活体験が広がります。

4歳児「ぞう組」

周りの環境と関わり自分の遊びを思い切り楽しむ時期。
「できた!!」という達成感と集団での遊びを通して社会性を身につけます。

5歳児「きりん組」

仲間との関わりがより一層充実していく中で、一人ひとりが自信をもちお互いが一つの目的に向かって活動する喜びを感じたり刺激し合い育ちあう時期です。
また小学校教育に無理なく順応できるようにカリキュラムを組んで教育・保育を行っていきます。

幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿

幼児期の終わりまでの育ってほしい10の姿