基本方針と保育目標

丈夫な身体と豊かな人間性を育てる

基本方針

  • 安全を第一に考え、保護者の教育のもとに家庭養育の補完を行う。
  • 健康安全で情緒の安定した生活ができる環境と、個性を発揮できることで健全な心身の発達を図る。
  • 豊かな人間性を育てる。
  • 要望や意見の相談に、分かりやすい用語で説明するなど公的施設としての社会的役割を果たす。

保育目標

  • 心身ともに健康なこども
  • 物を大切にするこども
  • 相手の気持ちを考えられ、思いやりを持ち表現できるこども

保育の特色

産休明け保育障害児保育一時保育延長保育の実施。子育てひろばとしての相談や地域へ行事等の開放等、多様化する保育園の機能を生かし実施しています。

●縦割り保育
●戸外活動、園外活動
photo photo
週一回3、4、5歳児の混合クラスをつくり、異年齢児とのかかわりの場を設け、生活や活動をとおし遊びの広がり、友達関係の広がりを。 また異年齢児とのかかわりの中で生まれる思いやりの心、優しさといった心の成長、バイキング、コーナー遊び、クッキング等縦割りならではの活動を行っています。 自然に恵まれた環境の中で四季の変化に目を向け、興味や関心を持ちながら自然の中で充分に身体を動かし活動をしています。春、秋の遠足を通し交通ルールや社会的ルールを身につけながら園内では体験できない活動を充分行えるようにしています。
老人ホームとの交流お泊まり保育地域にむけての異年齢児交流クッキング