みやぎ原保育園

健康な保育園生活を送るために

生活リズムを整えましょう
  • 早寝、早起き(朝ごはん・朝ウンチ)をして、規則的な生活をしましょう。(成長ホルモンは夜8時~朝6時の間に脳から分泌されます。)
  • 朝食をしっかり摂り、帰宅後は休養をとり栄養のバランスが取れた食事をさせましょう。(成長を助け健康を守ります。)
  • 排便は朝、時間を決めてすませるよう小さいときから習慣づけましょう。
  • 活動しやすいように服装・肌着は綿100%の半袖かランニング・大人より1枚少なめに着るようにしましょう(薄着励行、半ズボン)。靴は足にあったものを、ブカブカでは思いきり活動できず怪我のもとになります。
  • 朝の遊びは心身の活動を活発にし生活経験を豊かにします。みんなと遊ぶことで集団生活の楽しさと社会性が身についてきます。
  • 登園時間が遅れると行事や園外保育が予定通り始めることができません。
子どもたちが常に安全な環境で生活ができるように
  • 保育室内外の安全について点検し整備するように努めます。
  • 散歩を通じて交通安全の指導を実施します。
  • 消防計画に基づき消防訓練を実施し、地震、火事等非常災害に備えた避難訓練を毎月行います。
子どもたちの健康を守るために
  • 身長・体重・胸囲の測定【0~2歳児年6回、3~5歳児年3回】
  • 内科・歯科検診【年2回】
  • 蟯虫卵検査【年1回】・検尿【年2回】

※嘱託内科医(垣花小児科)・嘱託歯科医(崇元寺歯科)の指導を受け子どもたちの健康を守ります。

※必要な予防接種は、積極的に受けましょう。
 1歳の誕生日を迎えたら、はしか(麻疹)風しんワクチンの接種を必ず受けましょう。

ノンタンの部屋(絵本コーナー)

絵本を読んであげましょう

絵本を好きな子どもにするには、まず、お父さん、お母さんが絵本を好きになることです。

  • 子どもは絵本が大好き!! 絵本を見たり、読んでもらう事で未知の世界を想像したり、冒険したりする楽しさを味わう事が出来ます。また親子で読み聞かせをする事で、楽しさや喜びを感じる触れ合いのひと時になります。
    そこで子どもたちに絵本を読んでもらいたい! 好きになってほしい! という思いから「ノンタンの部屋」ができました。
  • 自分で本を読んで内容が理解できるのは小学校4年生頃からですので、3年生までは親が読んであげてほしいものです。そうすることにより、子どもは自然に言葉や文字に興味を持つようになります。
絵本タイム

毎朝、活動前に保育士による絵本の時間を設けています。季節の絵本・ことばや数あそびの絵本・物語絵本など様々なお話をみんなで一緒に楽しんでいます。

絵本の貸し出しについて

絵本を大切にするためにつぎの事項にご協力ください。

  • 貸し出しは、5月から2月までです。第1、第3の水曜日、返却は翌週の水曜日です。(貸し出し日は変更になることもありますので園だよりで確認してください。)
  • 借りる本は2冊まで、クラス別個人ノートに記入してください。(記入は保護者でお願いします。)
  • 図鑑類は貸し出しいたしません。(ゴールドテープ貼付)
  • 保護者向けの本も貸し出ししています。ご利用ください。(赤テープ貼付)
  • 絵本は絵本袋に入れて借りてください。絵本袋を忘れると借りることができませんのでご注意ください。
  • 絵本を紛失または破損した場合は弁償となります。
  • 月~金曜日は、親子で自由に絵本を見ることができます。お迎えの際ご利用ください。
このページのトップへ