おしらせ


11月になりました。
秋本番、高い山では冠雪の知らせも届き、これからだんだんと
紅葉シーズンを迎えます。

先月は、相次ぐ台風や大雨により
日本各地で大きな被害がもたらされました。一刻も早く平常の生活を取り戻していただくことを願うばかりです。

幸い自園では、予定していた活動や行事を
おこなうことができ、子どもたちといっしょに季節を満喫
することができました。

秋の動植物、昆虫などの自然物にふれながら、目で見たり肌で感じたり味わってみたりと、五感を使いながら楽しんでいます。


だんだんと冬に向かっていくこれからの季節は、
感染症が流行する時期でもあります。

感染症、とくに二大感染症と言われるのは、
胃腸炎とインフルエンザです。
先日、保護者さんを対象に感染症講座を開催させて
いただきました。
感染症の流行を防ぐためには、園と家庭とがしっかり連携し、
一体となって予防に取り組んでいく必要があります。

園では園内職員研修として、感染症対応マニュアルの確認、
嘔吐物処理の方法を実演しながら確認しました。

保護者の皆様のご理解ご協力をしっかりとお願いしたいと思います。


今月は、年長・年中児による和太鼓活動の発表会があります。
2日、幼児音楽フェスティバル上越大会
7日、地域ふれあい道場 お寺DE和太鼓

子どもたちのがんばりに、大きなご声援をお願いします。
堂々と自分たちが楽しく演奏する姿を見せてくれることと思います。

市内でクマやイノシシの出没情報が出ており心配もありますが、
安全に十分注意して紅葉シーズン、戸外での活動も
楽しみたいと思います。

また今月の保育テーマに「いろんないのちに感謝」を掲げています。
とくに子ども報恩講では、お参りをしたり精進料理づくりをしながら
人のいのち、食べ物のいのち、いろんないのちに
ありがとうの気持ちを感じられるひと時となればと思います。

今月も、笑顔で前向きに保育してまいります。




【11月の保育テーマ】

すべてのいのちにありがとう

【11月の保育目標】

・子ども報恩講を通じて、いろいろないのちの存在を知り、
自分や身近な人を大切に思う気持ちをもつ

・秋の収穫を喜びあい、感謝の気持ちをもっていただく



園章旗
各クラス マスコットキャラクター
紹 介
ここをクリックしてね
11月の園だより
11月の献立表
事業報告
事業計画
園の自己評価