木の実幼稚園

お問合せ
トップイメージ

アクセス

園長あいさつ

 木の実幼稚園は昭和31年6月に認可幼稚園として自然豊な赤城南麓、粕川の地に誕生しました。昭和52年に学校法人の認可を受け平成30年4月に幼稚園型認定こども園に移行し、翌年、31年に幼保連携型認定こども園になり令和元年6月に新しい園舎を建てることができました。
 木の実幼稚園ではキリスト教保育及び自然の中での遊びを中心とした教育・保育を子ども達に提供しています。子ども達の「やってみたい」を大切にして自ら遊びを選ぶことができるコーナー保育。園庭や森では子ども達の挑戦意欲を掻き立てるツリーハウスや巨大ハンモック、そして谷渡りターザンなど。ビオトープでは命の存在に気づき、畑や田んぼで作物を育てる経験を通し、神様からの恵を感謝できる心を育てます。 じつはこれらの遊びが子ども達の生きる力につながり、心たくましく、優しい気持ちを持った子ども達に成長することができるのです。そして縦割り保育の中で様々な立場の子ども達が様々な環境の中でそれぞれの個性を大切にし、認め合うインクルーシブな保育を通した共同的な学び。私たち保育者は日々祈りを持って、幼児一人ひとりがそれぞれの個性を発揮し、遊びを通して成長してくれることを常に願っています。

概要

創立 昭和31年6月1日
施設名 学校法人一隅学園 幼保連携型認定こども園  木の実幼稚園
所在地 群馬県前橋市粕川町室沢261-1
利用定員 115名
1号認定60名  2・3号認定 55名(令和元年7月現在)
木の実幼稚園のInstagramはこちらから!
このページのトップへ