新着情報

在園児を対象とした「れんらくアプリ」

当園では、園との連絡を安心・快適に行うため、「れんらくアプリ」を導入しています。

園長先生の巻頭言 10月号『みんなで楽しむ運動会』

 朝晩の気温が下がり、すっかり秋らしく感じるようになりました。

園庭では子ども達の運動会へ向けての練習に熱が入ってきました。年長さん達が取り組む、めばえの「ソーラン」は伝統といえるほどずいぶん前から行われています。
9月の中ごろより太鼓を入れて練習し始めました。

 毎年のことながら、子ども達の「ソーラン」に向けての取り組みは、大いに期待を寄せたいですね。その熱気と気合をいっぱい家で励ましてあげてほしいと思います。

一生懸命練習してきた努力を決して無駄にすることのないよう、あきらめずに頑張る子ども達の姿を心から応援したいものです。

 毎年お話するように、基本的には運動会は楽しむことが何より大事だと思います。
年長の組体操は、一学期から取り組んできた保育内の体操教室のまとめです。
筋力、柔軟、敏捷性、バランスなど総合的な体力表現ですが、みんなで作るピラミッドはお互いのことを考えながら、やらなくてはなりません。

心が一つにならないと、成功はしません。下の土台は大きな体の子が努めますが、全体の中ではけっして脇役ではありません。みんなからの信頼が厚くないとできません。

 リレーは年長さん達ならではの熱い競技です。毎朝先生方の指導の下、リレーの練習を何度もしています。大きな歓声が朝から園庭に響きます。

どうしたら他のチームに勝てるのか、子ども達で話し合います。
勝ち負けにこだわる子ども達は、勝てるよう、また負けないよう、話し合いを何度も何度も重ねながら、工夫を凝らして練習しています。

 年中さん達の「かけっこ」は、見ているととても面白いです。
走る距離を少しさらに増やしています。走り始めてすぐコーナーでは実力が出ません。

実力を培ってきた子どもの満足感は肌で感じることができます。
スタートについて、幼い子ども達とはいえルールにかなった競争ができることを特にしっかりと指導しています。

また、本年も「バルーン」にチャレンジしています。上手にいくのもいかないのも、みんなの気持ちがやはり一つにならないとうまくできません。
年長さん達の組体操と同じで、心が一つにならないと成功したとはいえません。

 年少さん達の競技は、プログラムのトップの「よーい、どん」です。
ただ一言「かわいい」に尽きます。勝つことも負けることも、まだこだわりのない世界です。これが微笑ましくとてもいいと思います。

 今日もきれいな言葉を使いましょう。美しい言葉の表現を選びましょう。