保育について

理 念

「誠」の心で「和」の保育=児童福祉法の理念に基づいた保育・教育

  1. 私たちは児童福祉法の理念を理解し、すべての入所児童に対し心身とも健やかに育成されるよう、その生活を保障され愛護されるよう、全身全霊・全知全能を傾けて日々の保育に努めます。
  2. 児童の保護者の保育に係る補完的立場をわきまえ、種々の支援を推進します。
  3. 全ての利用者にとって、安心して、安全で利用しやすい保育園であることを目指して、研究・研修・実践にたゆまぬ努力を傾注いたします。

基本方針

  1. 自然に親しみ体力づくりを通して、心身ともに逞しい子どもに育てていく。
  2. より良い環境の中で情緒の安定を図り、円満な人間形成を図っていく。
  3. 様々な活動経験を通して、自主性を養うとともに、地域社会の一員としての芽生えを体感させていく。

具体的目標

  1. 友達と仲良くあそぶ子ども
  2. 最後までがんばる子ども
  3. 日常の挨拶をすすんでする子ども
  4. 工夫する子ども

具体的取り組み

  1. 家庭や地域社会との結びつきを深めるため、保護者等への育児支援事業を実施する。
  2. 地域の人たちとの交流を図り理解を深めるため、地域文化伝承事業や地域交流事業に積極的に参加する。

保育時間

開 所……午前7時15分
閉 所……午後7時15分
保育時間……平日・土曜日 原則 午前7時15分~午後6時15分

延長保育

午後6時15分~午後7時15分
※午後6時15分以降の保育を御希望の方は事前に延長保育申込書を提出(年1 回でよい)の上
利用する日に担任まで申し出て下さい。
※土曜日につきましては、原則保護者が全てその日仕事をしている状態を想定しています。
仕事がお休みなどの場合は、家庭で保育していただければ、職員の負担も緩和されますので、御協力賜わりますようお願い申し上げます(土曜日の出勤職員数が多くなると週休をとるため、月曜日~金曜日の職員の数を減少させざるを得なくなるため)。

休日

年末年始……12月30日~翌年1月5日(希望者は年末年始保育あり)
年度末休園…3月31日(日曜日の場合は3月30日)
  都合のつかない方を対象に希望保育を実施します。

一時保育事業について

受け入れ可能人数は概ね1日当たり1名(1月延べ人数20名、年間延べ人数240名程度) となります。どうぞよろしくお願い致します。

◎一時保育事業
(1)保育時間:午前8時30分より午後5時00分まで
  ただし8時間を越える場合200円の追加保育料を頂きます。

(2)開設日:毎年度次の日を除いて開設します。
  ①土曜日、日曜日、祝日法に定める休日
  ②12月30日より1月5日まで
  ③3月31日

(3)保育の形態:
  ①非定型保育
   1週間に2~3日程度継続的に比較的長期間保育を行う形態のものです。
(例)週に2~3日程度、定期的に労働あるいは勉学のために保育が必要な方
  ②緊急保育
   緊急的に短期間集中して、あるいは単発的に必要な日だけに保育を行う形態のものです。
(例)冠婚葬祭あるいは家族の急な病気のために緊急に保育が必要な方
  ③私的理由保育
   保護者のリフレッシュのための時間に係る保育形態、
   あるいは子どもの社会性を考慮した保育形態を言います。
(例)友だちが近所にいないために保育を受けたい方

このページのトップへ