特色

食事

小さな子どもたちにとっては、口にするものひとつひとつが、身体をつくる大切な役割を担っています。
また幼児期は、味覚、嗜好をつくる大切な時期でもあります。
園の食事は、栄養士がメニューだけでなく、素材や味つけにも吟味を重ねています。毎日の食事は、煮干しと昆布から取っただしを使い、自然塩やミネラルを多く含んだ砂糖を使用しています。
新鮮な旬の野菜を多く取り入れた和食中心の食事と手作りおやつを心がけ、子どもたちの健康な身体づくりを第一に考えています。

モンテッソーリ教育

発達に合わせて系統的に支援することで、生活力が向上します。また、集中力が身につき、知的発達を促します。

抱っこ法

抱っこ法とは、大人と子どもが心を通わせながら共に成長していくための関わり方のコツのことです。

日本抱っこ法協会

英語教室・体育教室

国際人を育てます。専任講師を迎え、楽しみながら英語に親しみます。


  • 体育教室

音楽教育

音楽的情操を高め、豊かな感性を育てます。

伝統行事の継承

日本の伝承を大切にし、伝統的行事を楽しみます。

異年齢交流

異年齢交流を大切にしています。