ごあいさつ

園舎写真

 私共は、昭和32年に私立共和保育園として設立し、昭和55年に社会福祉法人 東光会 共和保育園として名称変更致しました。また、昭和58年には、国、県、市の補助金に依り、園舎を鉄筋コンクリート2階建てに改築致しました。こうした歴史の中で、巣立った子どもたちも4,000人を超え、今では彼らの子どもたちが通園しているという“親子二、三代”の保育園です。今後も、職員一同保育の資質向上に努める一方、環境設備を整えて、皆様の御期待に応えていきたいと精進する覚悟です。子どもたちの無限の可能性を大切にする共和保育園で、お子様の教育の第一歩をどうぞ。

園のマスコット「キョロちゃん」

保育内容

保育理念

一人一人の子どもの現在から将来に至るまでの幸せを常に考え、よりよい生活の場を提供する。

保育目標

現在を最もよく生き、望ましい未来をつくり出す力の基礎を培う。

十分に養護の行き届いた環境の下に、くつろいだ雰囲気の中で子どもの様々な欲求を満たし、生命の保持及び情緒の安定を図る。 保育目標  
健康、安全など生活に必要な基本的な習慣や態度を養い、心身の健康の基礎を培う。  
人との関わりの中で、人に対する愛情と信頼感、そして、人権を大切にする心を育てるとともに、自主・自立及び協調の態度を養い、道徳性の芽生えを培う。  
生命、自然及び社会の事象についての興味や関心を育て、それらに対する豊かな心情や思考力の芽生えを培う。  
生活の中で、言葉への興味や関心を育て、話したり、聞いたり、相手の話を理解しようとするなど、言葉への豊かさを養う。  
様々な体験を通して、豊かな感性や表現力を育み、創造性の芽生えを培う。  

園の方針

  • 子どもの現在のありのままを受け止め、その心の安定を図りながら、きめ細かく対応していく。
  • 一人一人の子どもの可能性や育つ力を認め、尊重する。
  • 多様な経験ができる機会を積極的に設ける。
  • 地域交流活動や世代間交流活動の充実化を図り、地域への貢献や人々とのふれあいを大切にする。
  • 手先、足先までのしなやかな体をつくるためにリズムやスポーツなど発達をおさえた働きかけをしていく。
  • 豊かな愛情をもって接し、子どもが心身ともに健康に成長できるよう知識の習得と技術の向上に努める。

無限の可能性を秘めた子どもたちのために
鼓笛隊と茶道の写真

入園について

入園までの手続き

入園申請書渡し(9月初旬)大府市役所にて   → → 一斉申し込み(9月下旬)大府市役所にて  → →

  → → 入園個別面談(12月中)共和保育園にて → → 入園説明会(2月) → → 健康診断(3月)

 ※園見学は、電話で日時を予約してからお越しください。