ボタン

ロゴ
トップイメージ
トップイメージ

保育理念

子どもの成長を積極的に援助し、「児童の最善の利益」を願い一人一人の人権を尊重しながら、保育することを最優先にする

子どもの成長を積極的に援助し、「児童の最善の利益」を願い一人一人の人権を尊重しながら、保育することを最優先にする

保育方針

子ども達の年齢別にる発達段階をより豊かな環境の中で「さまざまな体験」を通して育む

子ども達の年齢別にる発達段階をより豊かな環境の中で「さまざまな体験」を通して育む

保育目標

  • 自立心を養う
  • 忍耐力を養う
  • 思いやりの心を養う

年齢各目標

  • 0歳児
  • 生理的欲求を満たし、
    生活リズムを掴む
  • 1歳児
  • 安心して過ごせる環境を作り、
    自分でやろうとする気持ちを育てる
  • 2歳児
  • 基本的な運動機能が発達し、
    自我が芽生えを育む
  • 3歳児
  • 基本的生活習慣を身に付け、
    自分の気持ちを
    言葉や行動で表現する
  • 4歳児
  • 身近な環境に興味を持ち、
    友達と関わる中で集団ルールを守って
    行動ができるようになる
  • 5歳児
  • 目標に向かって挑戦する意欲を養い、
    達成感・充実感を味わうと共に
    仲間への思いやりの気持ちを持つ
ページトップ